検索(記事)
Google

医療に従事するのは大変素晴らしい

私は数年前に風邪でもらった解熱剤が合わず、アレルギー反応が出て入院しました。
アレルギーで体中の皮膚が赤く腫れあがり、ニキビのような吹き出物が全身にできました。
薬疹という症状で、ニキビのようなできものは膿疱でした。
皮膚の表面だけが全身火傷と同じような状態になり、首より下の皮が全部剥けました。
皮が剥けるまでの間は痒みと高熱があり、耐えがたい苦痛でした。
珍しい症例だった為、大学病院に1週間ほど入院しました。
40度近い高熱の状態で解熱剤をもらった近くの内科に行き、手に負えないと言われて少し大きな病院の皮膚科へ、そこでも手に負えないといわれて最後が大学病院でした。
40度近い熱がある状態で早朝から夕方まで、病院をハシゴすることになり、大学病院で診療を終えたときは倒れる寸前でした。
診療までの待ち時間の合計時間だけで、6時間以上ありました。
高熱で意識が朦朧としながらも、患者の数に比べて、お医者さんの数って少ないんだなぁと思いました。
大学病院では医師の方や看護師の方に献身的な治療をして頂き、1週間後には無事退院できました。
私はコンピューター関連の仕事をしていますが、もう少し若ければ、医師とまではいかなくても看護師になり、病に苦しむ人を少しでも早く診てあげられるようにしたいと思いました。
医療に従事するということは、大変素晴らしい仕事だと思いますので、若い方には是非、医療関係の仕事を目指して頂きたいと思います。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017資格があるなら!病院で働くメリット.All rights reserved.