検索(記事)
Google

高齢者への対応がポイント

看護士さんと言ったら、特徴的なのはあの清潔感に溢れた服装ですね。最近では「白」以外にもたくさんカラフルなものを見かけます。「ブルー」、「ピンク」、「薄いグリーン」などなど、様々なカラーの制服があるので白い制服を見かけると、少し古めかしい印象を抱いてしまったりするのは私だけでしょうか。

今後、日本はさらに高齢者の人口に占める割合が多くなってゆくことを考えると、病院はさらに高齢者で混雑すると思われます。そんな中、看護師さんはそのお年寄りとどのように接していくのか、言い換えれば高齢者のことをよく知り、高齢者への対応をうまくやっていく必要に迫られると思います。それと現代は高度に情報化された時代に突入してきていますので、患者さんの治療に対しての情報量も個人差はあるにせよ多くなってきて、中にはかなり専門的なことを問いかけてくる人も多くなってくると思われます。そういった患者のニーズにもどこまでどのように答えていくのかという能力以外にも、様々な能力が要求されてくると思います。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017資格があるなら!病院で働くメリット.All rights reserved.